2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大豊からこんにちは~前編
すげえとこだったぜ大豊。

otoyo1.jpg

まぁとにかく、なにをしにわざわざ大豊まで行ったのかというと、

前にもお話しましたが、わたくしの嫁は3人姉妹の3番目。


で、このたび、長女が結婚することになりまして。

先日が入籍日となったわけですが、

どういうわけか相手方のご両親から

「どうぞご家族で大豊までお越しください。そして

みんなで入籍に!この瞬間に立ち会いましょう!!」

というご要望があったようで、わたくしも家族の一員であるため、

お義姉さんのためなら人肌くらい脱ごうじゃないか!!

ということで、嫁の家族と大豊へ駆けつけることにしたわけです。



朝6時半発。朝が早いからということで、


昨夜は気合を入れてお泊りセットを持ち込み、


嫁の実家にお世話になったのであります。


しかし、



嫁の実家と、うちのアパートは距離にして900m。



なぜ宿泊する必要があるのかと言われると少々困るが、



ようはそのほうが盛り上がるからである。それだけである。



そして、6時40分中村発。



ゆういんぐ四万十でおうどんをいただき、おにぎりをほおばり、



お腹も満たしてひたすら東へ東へ。
otoyo2.jpg

げに遠いところだ、ここは。


まずは大豊町役場へ両家集合。



そして、本日のメインイベントがいきなり始まるのであります。



相手方もおそろいでやってきまして、なんとなくの自己紹介を済まし、



じゃあそろそろ行きますか、、、ということで、役場内へ。



中には灯油ストーブがちらちら。日曜日なので人気も少なく、



そんなところにぞろぞろぞろと一団で入っていったもんだから、



役場のおっさんもびっくり。


そして!



otoyo3.jpg

晴れてご入籍でございます。

さすがに写真はぷらいばしい的に微妙なので鉛筆画にしてみました。


お義姉さん、わたしたち先輩になんでも聞きたまへ。



はいはい、おめでとう、と、意外とあっさりとみんなで役場をあとにして、




本山町の食事処「四季菜館」へ。



役場からけっこう遠いので、最初はどこに連れて行かれるのか



なにを食わしてくれるのか肉なのか魚なのか山だから山菜ではないか


ここは嶺北やからやっぱ牛やないかあぁ腹減ったなんでもえいから


食わせてくれぇどこでもええけんまだつかんかえぇぇぇ



と、車の中は大変な騒ぎになっておりました。


無事着いて一同ほっとする。



レストランに入ると、予約席へ。



ナイフ、スプーン、フォークが既に用意されておる。



これはなんだか大変なことになりそうである。



たしかこういう場合は、外側のスプーンから使っていくものよと


10歳下の嫁に教えられ、しまったスーツで来るんだったと少し


後悔しながら、貴族のふるまいをせねばお義姉さんに


恥をかかせてしまうそれだけはいかんいかんと、



料理がきてからのイメージトレーニングをもんもんを行おうとすると、



相手方の父「それでは、自己紹介といきましょうか。」



なんと、一人ひとり自己紹介をするのか。


当たり前といえば当たり前だが、なんだかまことに大変なことになってきた。



傍から見てる客はいったいなんなんだこいつらはとおもっとるんだろうなぁ。



緊張しながらとりあえず自己紹介もすませ、



いいタイミングでお食事が運ばれてきた。



最初は貴族のたしなみを、、、と、スープもスプーンですくい、


サラダもフォークで刺し、とやっていたが、だんだんどうでもよくなってきて、



メインディッシュであるハンバーグとステーキは全て箸で食べた。



それにしても、ハンバーグとステーキである。


最初にハンバーグがでてきて、



そこそこ腹がはってきたと思ったら、



次にステーキである。




皆一様に、まじかよ、、、



という表情になる。



しかし、せっかくここまできて食わんのはあまりにも悔しいので、



皆がんばってたいらげた。



味はなかなかいい感じであった。




最後のデザート、カシスのアイスはなんとも不思議な味。


なんだかお酒を飲んでる気分になったが、



まぁおいしかったな。



両家で色々とおしゃべりをして、ずいぶんと打ち解けてきた。


なんだか変な感じである。



この人たちとは、きっと出会うべくして出会ったんだろうけど、




まさか大豊というところでこんなご縁ができるなんて、



誰が考えつきます???



ちなみにお義姉さんの旦那となる人は、ぼくよりだいぶ年下。



しかし立場的にはお兄さんになってしまうわけで、



なんだか向こうも困っていた。



わたし「あのー、呼びきりでいいですよ。」


お義兄さん「あ、いや、そういうわけには、、、」



そらぁそうか。




まぁそんなわけで、ご両家のほんとの顔合わせが幕を開けたのであります。



この続きはまたあした~

↓ブログランキングに参加中(現在68位)
よろしかったら一日一回ポチッとクリック♪
10ポイントが加算されます♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ぶっちゃんち

Author:ぶっちゃんち
夢は日本一有名な教師になること。
ほんで、子供に「お父さんかっこいい!」て言われること。
目指すぞー日本一。

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。