2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
校則が厳しすぎる!!
本日は、うちの学校で「開かれた学校づくりの会」みたいなものが

開かれたのであります。

地域の方々+本校教員+生徒代表という顔ぶれで、

私は生徒会担当教員として参加したのですね。

そこで出てきたお話。

事前に取っておいた生徒のアンケートの中に、「校則が厳しすぎる」

という意見があったのです。

ハテ 校則が厳しすぎる 大人の方々は皆「どこが厳しいのか」と

頭を抱えておりました。

会に参加した方々も、なにがそんなに厳しいのかなぁ、と。

当たり前のことを言っているだけのことなのに、何がそんなに厳しいの?

というのがまぁ教員側の意見なわけですね。


じゃあそもそも校則ってなんなの?ていうと、

ストレートにいうと、学校という組織の中の「ルール」。なんですね。

どんな世界にもルールというものがあって初めて「自由」があるわけで、

ルールがなくなっちゃうと単なる混沌の世界になってしまう。

交通社会で信号も制限速度もシートベルトもなくなったら

そらぁもう大変自由で危険な道路になってしまいますよね。

これは命に関わるから非常に分かりやすいし、誰もがめんどくさがりながらも

なんとか守ろうとします。

でも、校則はちょっと違う。

これは守らんでも別に人に迷惑かけんやん!!

ていう内容のものが結構あります。

スカートの丈、髪の長さ、靴下の色等々、、、。

これはやっぱり人の「目」というものがありますから、

きちんとしておくにこしたことはないですよね。

寝癖つけたまんま会社行くとやっぱだらしなく見られるでしょ?

そういう意味では、やっぱり身だしなみは大事なんだけど、

問題は、それを教える教師と生徒の間にどれだけ信頼関係が

築けてるかってことに尽きると思うのです。

うちに入学したら、これだけのことを学べるんですよ。

そのかわり、うちではこういう決まり事があるから、きちんと守ってくださいね、

てのが校則なわけだから、お互いの信頼関係がきっちりできていたら

なんの衝突もないはずなんだけど、これがなかなかに難しい。

いくら決まりだからと言われても、信頼していないやつに何言われても

納得なんかできない。これは大人の世界でも一緒ですよね。

校則っていうのは、ほんまに教師と生徒の「お約束」なので、

この先生の言うことならきちんと守らないかん、この先生を裏切ったら

いかん!と思わせることから入っていかないかんのやないかなぁ。

それがなかなかできんから僕も苦しんでいるわけですが、、、。

まぁとにかく、教師側が「なんのために」校則を作って、

それを守らそうとしているかをきちんと理解して、その上で

生徒に向き合うってことが大事じゃないのかなぁ。

そういう意味では、「校則厳しすぎ!」=「校則ってなに?よぅ分からん!」

って思ってるってことなのかな?

あんまり考えてると頭はげそうなのでこの辺で、、、。

今日は珍しくまじめに考えてみました。

↓ポンとクリック♪ブログランキングに参加中(現在102位)
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ぶっちゃんち

Author:ぶっちゃんち
夢は日本一有名な教師になること。
ほんで、子供に「お父さんかっこいい!」て言われること。
目指すぞー日本一。

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。